スカーレットジェムの仔8 - 事象の地平

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカーレットジェムの仔8





RIMG0491.jpg

 水草をどけて撮影。結構色づいて見えるけど、実際は両端の2匹くらいしか成熟していない。なぜかタニシがすごい勢いで稚貝をだしてます。


RIMG0493.jpg

 オスは、青がのりだした仔もいれば、まだ、紅さしはじめの仔もいます。

RIMG0496.jpg

 メスはこんな感じです。雌雄の比率は同じくらいかな。

 それと新たに確保した稚魚は、ここのところの涼しさのせいか、エビが一匹もぐりこんでいたせいか、消えてしまいました。
成魚は結構寒さに強いのだけど。
 
 締め括り
 運よく、メスを手に入れられるか。
 稚魚が小さいので初期飼料をどうするか。
 この辺クリアできれば、夏場の繁殖は問題なさそう。中くらいのプラケで12、3匹育てられたので、結構狭い環境でも平気みたい。成長に3ヶ月近くかかるので、面倒なのはこの辺かな。あと結構稚魚は泳ぐのが下手で水流はないほうがいいかも。


 雑記
 バンブルビーオトシン、しばらく忙しく、人工飼料しかあげていなかったら、1匹しかいなくなっていた。ピグミータイガーオトシンは1匹まだ元気にしている。
 パンダシャークローチは5匹いたはずが4匹しか視認できない。1匹はぜんぜん大きくならないし、まだ子どもの縞模様。
 ランシーロンは、いるけど数がすごく減った。死体はないけど
 別の水槽のオトシン他は変わらず。ネグロは、稚魚は見るけど隔離してないので消えてしまっている。
 Co.ステルスバイはやっと産卵しなくなった。稚魚が泳いでいる様子もない。
 


スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuuanntus0n

Author:yuuanntus0n
主に熱帯魚の飼育や鉱物収集物、植物育成の雑記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。