テキサスドワーフクレイフィッシュの稚エビ - 事象の地平

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサスドワーフクレイフィッシュの稚エビ





RIMG0609.jpg



 いつのまにか、ハッチアウトしてたテキサスドワーフザリガニの稚エビです。卵のときの3倍位の大きさがあるんだけど、親も食べようとしないというか、動きがとろいので反応できないから、食べられそうもないけど、親は一応隔離しました。全部で20匹近くいます。
 卵もって一ヶ月も経っていないような。いままでも、脱卵かと思ってたのも、稚エビは生まれていたのかも…。
 でも、こんな小さな稚エビでは、プラティ水槽で繁殖させてもそりゃ数残りませんね。ミナミヌマエビとかだと増やせるんだけど、逃げて浮き上がった後泳げないので、落下するしかできないという機動力の差が原因かなぁ。
 底砂は、天然色素で染められている、アンモニアを分解してくれる砂というものが、ベタ用に売っていたので、ザリガニちゃんの青が褪色しないようにと試しに敷いてみたんだけどどうなんでしょう。先週底砂を入れたので効果がわからないうちに親を移す羽目になったので、そっちの結果はしばらくかかりそう。
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuuanntus0n

Author:yuuanntus0n
主に熱帯魚の飼育や鉱物収集物、植物育成の雑記録です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。